永代供養墓で安らかに眠る

家族形態の変化や社会状況の変化から、墓についての考え方が変わり、永代供養墓を選ぶ人が増えています。墓があっても継ぐ人がいない、もしくは墓の管理には一定の費用がかかりますから子や孫に管理してもらうのは申し訳ないという人が、永代供養墓を検討することが多くなっています。墓は建てるにしても維持するにしても、費用がかかります。しかし永代供養墓は、最初に契約するときに納骨して永代供養料と、納骨法要のお布施、墓誌に納骨者名などを彫る費用などの一式を支払えば、その後の管理費やお布施、寄付金などは一切支払う必要はありません。

墓石代もかかりませんから、一般の墓に埋葬するよりも費用が安く抑えられます。また、遺族がお墓参りをしなくても、管理しているお寺などが責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれるので安心です。また、宗教や宗派にはこだわりがありませんから、希望すれば誰でも永代供養墓を利用することができます。永代供養墓の納骨は、一般的に合祀されて供養が行われます。

遺骨を骨壷から出して、1か所にまとめて土に還す方法です。納骨後は、毎年の彼岸やお盆に合同供養を行います。その他に祥月命日には毎年供養を行うなど、管理する寺院によって供養方法が異なります。責任を持って供養と管理を行ってもらえますし、多くの人と一緒に供養されるので、死後も寂しいということがありません。

生前から相談に乗ってくれる業者も多いですから、見積りを取るなど準備をしておくのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*